九州復興を機関車で応援 「がんばろう九州」ラッピング JR貨物

九州復興を機関車で応援 「がんばろう九州」ラッピング JR貨物

ラッピングされたEF81形電気機関車のイメージ(写真出典:JR貨物)。

熊本地震からの復興へ願いを込めて、JR貨物が熊本県、大分県、熊本市のPRキャラクターとともに「がんばろう九州」のメッセージを記したラッピング機関車を運転します。

貨物列車で復興を応援

 JR貨物は2016年10月12日(水)、4月に発生した熊本地震からの復興へ願いを込めた「がんばろう九州」のラッピング機関車を、10月下旬から2年間の予定で運行すると発表しました。

 ラッピングデザインは、熊本県、大分県、熊本市それぞれのPRキャラクターである「くまモン」「めじろん」「ひごまる」と、「環境に優しい鉄道貨物輸送」に取り組んでいる企業などが使用できる「エコレールマーク」のイラスト、「がんばろう九州」のメッセージを配したもの。ED76形電気機関車、EF81形電気機関車の各2両がラッピングされます。

 運行区間は、鹿児島本線の北九州貨物ターミナル(北九州市門司区)と鹿児島貨物ターミナル(鹿児島県鹿児島市)のあいだ、および香椎駅(福岡市東区)と福岡貨物ターミナル(同・東区)のあいだ、日豊本線の小倉駅(北九州市小倉北区)と南延岡駅(宮崎県延岡市)のあいだ、長崎本線の鳥栖駅(佐賀県鳥栖市)と鍋島駅(同・佐賀市)のあいだです。

関連記事(外部サイト)