「どこでもドア」全国初の稼働へ 三浦海岸駅で実証実験 京急

「どこでもドア」全国初の稼働へ 三浦海岸駅で実証実験 京急

三浦海岸駅に設置された「どこでもドア」。10月24日から稼働予定(写真出典:京急電鉄)。

京急線の三浦海岸駅で、「どこでもドア」の実証実験が始まります。車両ごとのドアの数や位置の違いに対応するホームドアとして開発中のもので、実際の営業路線における稼働は全国で初めてのことです。

ドア数が異なり、乗り入れ会社も多い京急に最適?

 京急電鉄は2016年10月14日(金)、マルチドア対応ホームドア「どこでもドア」の実証実験を、10月24日(月)から三浦海岸駅(神奈川県三浦市)で1年間実施すると発表しました。

「どこでもドア」は、ドアの数や位置が違う車両が走る路線に対応するホームドアとして、三菱重工交通機器エンジニアリングが開発中のもの。車両によってドアの数や位置が異なると導入が難しいという、ホームドアの課題を解消するねらいがあります。

 また、「地上完結型連携システム」を採用することにより、車両を改修することなく、車両のドアとホームドア開閉の連携を可能にしています。「どこでもドア」が実際の営業路線で稼働するのは、今回が全国で初めてです。

 京急線は、2ドアから4ドアまで、車両ごとにドアの数や位置が異なるうえ、都営浅草線、京成線など他社線の車両も多く乗り入れます。ドアの違いに対応し、乗り入れ各社で車両を改修する必要もなく設置できる「どこでもドア」は、京急線に適したホームドアといえるでしょう。

 今回の実験は、三菱重工交通機器エンジニアリングが、国土交通省鉄道局による鉄道技術開発費補助金の支援を受けて実施。「どこでもドア」の安全性や耐久性、および「地上完結型連携システム」の安定性について検証が行われます。

 京急電鉄はこの実験に協力するとともに、今後、ホームドアの設置を含む、よりいっそうのホーム安全対策を実施していくとしています。

関連記事(外部サイト)