縦列駐車、自動運転に学べる? クルマのアシスト機能は参考になるか

縦列駐車、自動運転に学べる? クルマのアシスト機能は参考になるか

左側にびっしりと縦列駐車された道路のイメージ(画像:photolibrary)。

自動運転技術や駐車アシスト機能を備えたクルマは、狭い場所への縦列駐車もかんたんにこなしてしまいます。機械のように、うまく駐車することは可能なのでしょうか。

縦列駐車、3人にひとりが不合格?

 縦列駐車は運転技量に差が出るものかもしれません。

 東京都世田谷区の自動車教習所、フジドライビングスクールの田中さんは、「教習所ではできても、免許取得後は実際にあまり行う機会がないので、難しいと思っている人が多いと思います。免許失効時などの再試験では、3人にひとりくらいが不合格になっているかもしれません」といいます。

 一方で近年は、駐車したい場所において自動でハンドルが操作され、縦列駐車も簡単にできるクルマがあります。これらの駐車アシスト技術を搭載したクルマとその技術について、メルセデス・ベンツ日本に聞きました。

――メルセデス・ベンツの駐車アシスト技術について教えてください。

 駐車したい場所付近でドライバーがボタンを押すと、近くの駐車可能なスペースが最大4か所まで表示されるので、任意の位置を選択します。ギアをRに入れるとオペレーションが開始され、ハンドル操作とブレーキが自動で補助されます。この「アクティブパーキングアシスト」は現在、メルセデス・ベンツの多くのクラスで備わっていますが、「Eクラス」はさらにアクセル、シフト操作まですべて自動になっており、こちらは「パーキングパイロット」と呼ばれます。

関連記事(外部サイト)