レギュラー車にハイオクガソリンを入れたらどうなるのか?

レギュラー車にハイオクガソリンを入れたらどうなるのか?

日本のセルフスタンドでは、ハイオクのノズルは黄色、レギュラーのノズルは赤(画像:写真AC)。

ハイオクガソリンをレギュラー車に給油すると、どうなってしまうのでしょうか。

レギュラー車に入れる人、「たまにいます」

 ガソリンエンジンのクルマは、エンジン内で混合気(燃料と空気が混ざったもの)を圧縮して爆発させ動力を得ています。燃料となるガソリンにはレギュラーとハイオクがありますが、このうちハイオクガソリンはレギュラーよりも自己着火しにくいという特徴があり、高圧縮で爆発させて高いパワーを得ることができるため、スポーツカーや排気量の大きなクルマに適しています。

 レギュラー車には通常、レギュラーガソリンを入れますが、その一方で「ハイオクガソリンを入れたら、どうなるのか」といったような声も聞こえます。実際にはどうなのでしょうか。東京23区内のとあるガソリンスタンドに聞いたところ、「特に問題になるようなことはありません。そういう方はたまにいます」とのこと。

 では、石油元売り各社はどのような見解なのでしょうか。

「大きく向上するわけではない」「個人の乗り方による」

 ENEOSブランドのハイオクガソリン「ENEOSヴィーゴ」を販売するJXTGエネルギーに聞きました。

――「ENEOSヴィーゴ」をレギュラー車に入れるとどうなりますか?

 高性能の清浄剤を配合しているため、エンジンをきれいにする効果があります。

――燃費やパワーが向上することはありますか?

 エンジン内部の汚れを減らすことで燃焼効率がよくなりますが、ただちに大きな効果があるわけではありません。「ENEOSヴィーゴ」でエンジンが汚くなる前の状態に回復することはできますが、それによってカタログ値以上に燃費やパワーが向上するものではないといえます。

※ ※ ※

「Shell V-Power」を販売する昭和シェル石油にも聞きました。

――「Shell V-Power」をレギュラー車に入れるとどうなりますか?

 給油すればするほど、エンジン内を洗浄し保護します。レギュラー車に給油してもその効果はあります。

――燃費やパワーが向上することはありますか?

「燃費が上がる」とは、個人の乗り方にもよるので申し上げることはできません。規定値以上に燃費やパワーが上がるというわけではないのです。ただ、「Shell V-Power」はエンジンをきれいにし、クルマ本来の性能を最大限引き出すことに主眼が置かれていますので、それによって「以前より燃費がよくなった」「走りが変わった」と体感される方もいるでしょう。

※ ※ ※

 レギュラー車にハイオクガソリンを入れると、エンジンの洗浄効果などがあるようです。エンジンの調子が悪いとき、レギュラーからハイオクにいったん切り替えて、継続的に使ってみるのもひとつの手かもしれません。

【画像】ハイオクのエンジン洗浄効果とは?

関連記事(外部サイト)