新型車両1編成を導入へ 9000系リニューアルも継続 相鉄2017年度設備投資計画

新型車両1編成を導入へ 9000系リニューアルも継続 相鉄2017年度設備投資計画

リニューアルされた9000系電車のイメージ(画像:相模鉄道)。

相鉄グループが2017年度における設備投資計画を発表。鉄道事業では、新型車両1編成が導入されます。

新型車両の詳細は6月ごろに発表

 相鉄グループは2017年5月10日(水)、今年度における設備投資計画を発表しました。投資額は鉄道事業98億円、バス事業7億円、計105億円です。

 鉄道事業(相模鉄道)では、新型車両が導入されます。2019年度下期の相鉄・JR直通線開業と、2022年度下期の相鉄・東急直通線開業に向けて、2017年度は1編成(10両)が登場。以降も順次導入が進められます。新型車両の詳細は6月ごろに発表される予定です。

 9000系電車は内装改良や車体を「ヨコハマネイビーブルー」に塗装するなどのリニューアルが継続されます。今年度は2編成20両が対象です。

 西横浜駅、緑園都市駅、弥生台駅は内外装の改修などを予定。連続立体交差事業が進む本線の星川〜天王町間は、2018年度の上り線高架化に向けた工事が継続されます。

 鉄道事業はこのほか、8000系電車2編成(20両)のVVVFインバータ装置とSIV補助電源装置の更新、鶴ヶ峰駅ホームの待合室新設、二俣川駅の駅舎増築などが計画されています。

 バス事業(相鉄バス)では、変速ショックの少ないオートマチックトランスミッションを採用し、また車体を傾けて客の乗降をしやすくするタイプの新車20台を導入。ほか、2018年度の運用開始に向け、IC定期券の導入準備も進められます。

【写真】下り線が高架化された星川駅

関連記事(外部サイト)