田園都市線に新型車両 ホームドアは13駅に導入へ 東急2017年度設備投資計画

田園都市線に新型車両 ホームドアは13駅に導入へ 東急2017年度設備投資計画

田園都市線に導入される新型2020系電車の外観イメージ(画像:東急電鉄)。

東急電鉄が、2017年度の鉄軌道事業設備投資計画を発表。田園都市線への新型車両導入や大井町線急行7両編成化などが盛り込まれています。

大井町線の急行は7両編成に

 東急電鉄は2017年5月12日(金)、今年度における鉄軌道事業の設備投資計画を発表しました。投資総額は502億円です。

 車両は、新型の2020系電車が田園都市線に3編成(30両)導入されます。既存車両に対しては車内防犯カメラの設置を推進。2017年度は33編成(151両)に導入される予定です。

 大井町線では現在、急行が6両編成で運行されていますが、2017年下期に7両編成とするために、車両の新造と、急行停車駅である大井町、旗の台、自由が丘でホームの延伸が行われます。

関連記事(外部サイト)