中高生の自転車通学での事故、5・6月に増加 県別では群馬がワースト

中高生の自転車通学での事故、5・6月に増加 県別では群馬がワースト

2015年1月〜12月における学年別、月別の自転車事故件数(画像:自転車の安全利用促進委員会)。

「自転車の安全利用促進委員会」が、2015年の中学生、高校生の通学時における自転車事故件数の調査結果を発表。1万人あたりの事故件数は、中学生、高校生とも群馬県が最多でした。

高校1年生の5月と6月は事故件数増

 自転車の安全やマナーなどに関して研究や啓発を行う「自転車の安全利用促進委員会」は2017年5月18日(木)、中学生、高校生の通学時における自転車事故件数の調査結果を発表しました。

 2015年に発生した自転車事故の件数をまとめたもので、月別、学年別、都道府県別に分析されています。

 それによると、5月、6月の事故件数が、ほかの月より多い傾向にあることがわかりました。特に高校1年生は5月が423件、6月が430件で、ほかの月よりおよそ1.4倍多く、また高校3年生の5月(211件)、6月(220件)の倍近い件数です。

「自転車の安全利用促進委員会」のメンバーで、三井住友トラスト基礎研究所の研究理事でもある古倉宗治さんは、「特に高校生は、中学生と比較すると長距離の通学になることが多いこともあり、この長い距離を通学しはじめる4月は新しいルートを探しながら緊張して通行します。しかし、この通学ルートも定まると、当初の緊張が少しずつ少なくなる一方で、ルートの危険箇所や交通ルールにはまだ不慣れであるために、事故が多くなっているものと考えられます」と分析。「自動車などの他の交通の状況を十分に認知するとともに、信号や一旦停止の遵守、安全確認などルールの徹底が必要でしょう」としています。

関連記事(外部サイト)