鉄道イベント「グランシップトレインフェスタ」始まる 静岡の鉄道会社、駅弁集結、臨時急行も

鉄道イベント「グランシップトレインフェスタ」始まる 静岡の鉄道会社、駅弁集結、臨時急行も

今年で18回目になる「グランシップトレインフェスタ」。広い会場に、さまざまな鉄道模型が走る(2017年5月20日、恵 知仁撮影)。

日本最大級という鉄道イベント「グランシップトレインフェスタ」が、静岡市内でスタート。大小さまざまな鉄道模型、静岡県の鉄道会社、駅弁業者、鉄道タレントが集結。「鉄道」染まった広い館内が、多くの家族連れなどでにぎわいました。

鉄道タレント VS 静岡の鉄道会社?

 日本最大級という鉄道イベント「グランシップトレインフェスタ2017」が5月20日(土)、JR東海道本線・東静岡駅近くの静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」(静岡市駿河区)で始まりました。入場無料で、21日(日)まで開催されます。

 鉄道模型や「プラレール」のコーナー、ミニSL列車乗車会などのほか、静岡の名物駅弁、各鉄道会社が集結。小さな子供から大人まで、家族で楽しめるのが特徴のイベントですが、今年はテレビでおなじみ、鉄道ファンとして知られるホリプロの南田裕介マネジャー、“女子鉄アナウンサー”久野知美さんも登場。「ふじのくに鉄道トーク」で、20日(土)は伊豆急行、伊豆箱根鉄道、岳南電車、静岡鉄道の担当者と鉄道話を繰り広げました。21日(日)は11時からJR東海、JR貨物、大井川鐵道と、13時から遠州鉄道、天竜浜名湖鉄道とのトークです(予約、料金不要)。

関連記事(外部サイト)