東京メトロら熊電「青ガエル電車」走らせる 復興応援で工夫(写真70枚)

東京メトロら熊電「青ガエル電車」走らせる 復興応援で工夫(写真70枚)

元・東急電鉄の熊本電鉄5000形(左)と、元・東京メトロの01形。どちらも「渋谷」に深いゆかりがある(2017年5月13日、恵 知仁撮影)。

東京メトロらが、熊本に唯一残る元・東急5000系電車「青ガエル」の運転会などを実施しました。その背景には、ある「ねらい」のための工夫が。ちなみにこの「青ガエル」、手なずけるのはちょっと難しいかもしれません。

唯一の動ける「青ガエル」を運転

 東京メトロと熊本電鉄、ANA(全日空)が2017年5月13日(土)、元・東急電鉄5000系電車の運転会などを実施しました。5000系は、渋谷駅のハチ公口に保存されている緑色の、「青ガエル」とも呼ばれている電車です。

 3社が2016年11月から翌年3月まで開催したイベント「乗るばい!飛ぶばい!楽しむばい! 東京×熊本スタンプラリー」。その賞品のひとつ「熊本電鉄スペシャル体験」として実施されたものです。

 1954(昭和29)年から製造された元・東急5000系「青ガエル」。現在も動ける状態で残っているのは、この熊本電鉄に残る1両のみ(営業運転には使用されていません)。およそ20名の当選者が運転席に座り、名車「青ガエル」最後の1両の運転を楽しみました。

関連記事(外部サイト)