小淵沢駅の新駅舎、7月3日から使用開始 太陽エネルギーを活用 JR東日本

小淵沢駅の新駅舎、7月3日から使用開始 太陽エネルギーを活用 JR東日本

南側から見た駅舎全体の完成イメージ(画像:JR東日本八王子支社)。

JR小淵沢駅の新駅舎が2017年7月3日にオープンします。晴天時の日照時間帯は、駅で消費されるエネルギーの100%が、太陽光と太陽熱で賄われる「エコステ」モデル駅です。

北杜市の観光案内所や交流スペース併設

 北杜市(山梨県)とJR東日本八王子支社は2017年5月18日(木)、建て替えを進めてきた小淵沢駅の新駅舎について、7月3日(月)から使用を開始すると発表しました。

 小淵沢駅は1904(明治37)年に開業。中央本線の特急列車が一部停車し、小海線も乗り入れています。同駅の新駅舎は、国内有数の日照時間がある北杜市に位置することを生かし、環境に配慮した「エコステ」のモデル駅に。晴天日の日照時間帯は、駅で消費されるエネルギーの100%が、太陽光発電と太陽熱による給湯・暖房で賄われます。

 敷地面積は約1707平方メートル、建築面積は約665平方メートル、延床面積は約980平方メートル。建物はブラウン系を基調とし、八ヶ岳や南アルプスなどの山々と清流のイメージが取り込まれます。鉄骨造2階建てで、1階は駅務スペースや物産店「MASAICHI本店」、市の観光案内所が、2階は改札や待合室、駅そば「丸政そば」、市の交流スペースがそれぞれ配置されます。

 屋上には展望デッキを設置。天気の良い日は八ヶ岳や甲斐駒ヶ岳、富士山などの山々が一望できるほか、夜には星空も楽しめるといいます。

 新駅舎完成を記念して、小淵沢駅や東京の立川、八王子の商業施設などでは、「八ヶ岳弁当」(1100円、小淵沢駅限定仕様1200円)や「生信玄餅」(1400円)などが、期間限定で販売される予定です。

【画像】木材を使用した駅舎内のイメージ

関連記事(外部サイト)