東岸和田駅付近の上り線、10月高架化 営業キロ変更も JR西日本・阪和線

東岸和田駅付近の上り線、10月高架化 営業キロ変更も JR西日本・阪和線

2017年10月22日からの東岸和田駅におけるレイアウト(画像:JR西日本)。

高架化事業が進むJR阪和線の東岸和田駅付近で、下り線に続き、上り線が2017年10月22日に高架化されます。なお、これにともない営業キロの変更が生じます。

線路切り換えにともない一部運休や時刻変更などを予定

 JR西日本は2017年5月22日(月)、阪和線の東岸和田駅(大阪府岸和田市)付近で進めている高架化事業で、下り線(和歌山方面)に続き、10月22日(日)から上り線(天王寺方面)の線路も高架に切り替えると発表しました。

 7か所の踏切廃止と、線路によって東西に隔てられた地域の一体化を図るため、JR西日本と大阪府、岸和田市は高架化事業を推進。2015年2月には下り線が高架化されています。

 今年10月22日には上り線も高架化され、東岸和田駅においても上り線のホームが地上から高架に移されます。また、東口と西口を結ぶ改札外通路の使用も開始される予定です。

 線路の切り替えにともない、10月21日(土)の夜から翌22日(日)にかけて、列車の一部運休や時刻変更、代行輸送などが計画されています。

関連記事(外部サイト)