特急「木曽あずさ」「諏訪しなの」など臨時運転 「信州DC」7月スタート

特急「木曽あずさ」「諏訪しなの」など臨時運転 「信州DC」7月スタート

特急「木曽あずさ号」に使用される189系電車のイメージ(画像:JR東日本)。

2017年7月、「信州デスティネーションキャンペーン」がスタート。特急「木曽あずさ」「諏訪しなの」など多くの臨時列車、イベント列車が走ります。

特急「木曽あずさ号」は辰野経由

 JRグループは2017年5月19日(金)、長野県、地元自治体、観光事業者などと連携し、大型の観光キャンペーン「信州デスティネーションキャンペーン」(信州DC)を、7月から9月にかけて開催すると発表しました。長野県で実施するDCは7年ぶり5回目です。

 これにあわせ、首都圏や中京圏などから臨時列車が複数運転されます。

 特急「木曽あずさ号」は、新宿〜南木曽間を辰野経由で直通運転。車両は国鉄時代に製造された特急形189系電車6両で、全車指定席です。新宿9時24分発・南木曽行きは7月1日(土)、8月26日(土)、9月9日(土)に、南木曽16時2分発・新宿行きは7月2日(日)、8月27日(日)、9月10日(日)にそれぞれ運転されます。

 快速「飯田線リレー号」は、特急「木曽あずさ号」と接続して辰野〜駒ケ根間で運転。車両は313系電車3両で、全車指定席です。

関連記事(外部サイト)