「DENCHA」が最優秀車両に 「環境負荷の低減に大きく付与」2017年ブルーリボン賞

「DENCHA」が最優秀車両に 「環境負荷の低減に大きく付与」2017年ブルーリボン賞

2017年「ブルーリボン賞」を受賞したJR九州の819系電車「DENCHA」(画像:鉄道友の会)。

「鉄道友の会」が選ぶ2017年「ブルーリボン賞」に、JR九州の819系交流架線式蓄電池電車「DENCHA」が選ばれました。

電化・非電化の両方を走る「DENCHA」

 2017年5月24日(水)、「鉄道友の会」が「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」を発表。2017年の「ブルーリボン賞」には、JR九州の819系交流架線式蓄電池電車「DENCHA」が選ばれました。

 この車両は、国鉄時代から使われている老朽化したディーゼルカーの置き換えを目的に導入されました。線路の上に電線が張ってある電化区間では、従来の電車と同じように電線から取った電気の力で走り、あわせて走行中や停車中に電気を蓄電池に充電します。

 線路の上に電線がなく電車が走れない非電化区間では、パンタグラフ(電車の屋根にある電線から電気を取る装置)を下げて、蓄電池の電力で走ります。またブレーキ時に、進もうとするエネルギーを車両のモーターに戻して発電した電気(回生エネルギー)を蓄電池に充電することで、省エネルギー化を実現しています。

 主回路蓄電池はリチウム蓄電池モジュールを72個直列につないだものであり、それが入った電池箱は青色に塗装され、床下に取り付けられています。

関連記事(外部サイト)