えちごトキめき鉄道「雪月花」が優秀車両に 新潟産素材を積極使用 2017年ローレル賞

えちごトキめき鉄道「雪月花」が優秀車両に 新潟産素材を積極使用 2017年ローレル賞

2017年「ローレル賞」を受賞したえちごトキめき鉄道のET122系1000番代ディーゼルカー(画像:熊谷隆之氏、鉄道友の会)。

「鉄道友の会」が選ぶ2017年「ローレル賞」に、えちごトキめき鉄道の「えちごトキめきリゾート雪月花」用車両であるET122系1000番代ディーゼルカーが選ばれました。

観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花」に使用

 2017年5月24日(水)、「鉄道友の会」が「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」を発表。2017年の「ローレル賞」には、JR東日本のE235系電車、静岡鉄道A3000形電車とともに、えちごトキめき鉄道ET122系1000番代ディーゼルカーが選ばれました。

 ET122系1000番代は、観光列車「えちごトキめきリゾート雪月花」に使われている車両です。日本海ひすいライン(直江津〜市振)で運行されているET122系ディーゼルカーをベースにしており、広く取られた側窓は、国内最大級の開放面積を誇ります。

 車両は2両編成。1号車は日本海と妙高山に向けて座席が配されたラウンジ形式、2号車はレストランスタイルの座席配置です。車内では沿線の食材を使った食事が提供されます。

関連記事(外部サイト)