静岡鉄道の新型が優秀車両に 「路線規模・保守性などとの相性を考慮」2017年ローレル賞

静岡鉄道の新型が優秀車両に 「鉄道友の会」が選ぶ2017年の「ローレル賞」に選出

記事まとめ

  • 5月24日(水)、「鉄道友の会」が「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」を発表した
  • 「ローレル賞」には、JR東日本のE235系電車などとともに、静岡鉄道のA3000形が選出
  • A3000形は、既存の1000形を置き換えるため43年ぶりに導入された新形式の通勤形車両

静岡鉄道の新型が優秀車両に 「路線規模・保守性などとの相性を考慮」2017年ローレル賞

静岡鉄道の新型が優秀車両に 「路線規模・保守性などとの相性を考慮」2017年ローレル賞

2017年「ローレル賞」を受賞した静岡鉄道A3000形電車(画像:鉄道友の会)。

「鉄道友の会」が選ぶ2017年「ローレル賞」に、静岡鉄道のA3000形電車が選ばれました。

静鉄43年ぶりの新型車両

 2017年5月24日(水)、「鉄道友の会」が「ブルーリボン賞」と「ローレル賞」を発表。2017年の「ローレル賞」には、JR東日本のE235系電車、えちごトキめき鉄道ET122系1000番代ディーゼルカーとともに、静岡鉄道のA3000形電車が選ばれました。

 A3000形電車は、既存の1000形電車を置き換えることを目的に、43年ぶりに導入された新形式の通勤形車両です。

 1000形と同様、1両の長さは18m。片側3ドアで2両編成です。車体は軽量ステンレス製。導入される12編成のうち7編成は、静岡をテーマにした7色でそれぞれラッピング装飾されます。

関連記事(外部サイト)