リニア中央新幹線の専用貨物列車が出発進行 その目的とは?(写真13枚)

リニア中央新幹線の専用貨物列車が出発進行 その目的とは?(写真13枚)

午前6時過ぎ、梶ヶ谷貨物ターミナル駅から三井埠頭へ向けて発車した、リニア工事発生土輸送の貨物一番列車(提供:JR東海・JR貨物)。

リニア中央新幹線の建設にともない、貨物列車の運行が始まりました。“地の利”を活用し、「鉄道貨物輸送のメリット」を最大限に発揮することが目指されます。

“地の利”を生かした工事

 2027年の品川〜名古屋間開業に向け、JR東海が建設を進めているリニア中央新幹線。これにともなう専用の貨物列車が2017年5月26日(金)、走り始めました。神奈川県川崎市の内陸部にある梶ヶ谷貨物ターミナル駅と、同市臨海部の三井埠頭を結ぶ列車で、積み荷は中央新幹線の工事で発生した土砂です。

 中央新幹線は、梶ヶ谷貨物ターミナル駅付近の地下を通過。そして同貨物駅付近には、梶ヶ谷非常口と資材搬入口、線路保守用車両の留置施設が設けられます。

 そのうち、梶ヶ谷非常口と資材搬入口の工事が2017年3月30日にスタート。この工事にともない発生した土砂を輸送するため今回、貨物列車の運行が始まりました。

 鉄道貨物輸送には、ダンプカーなどの営業用貨物車と比べCO2排出量がおよそ10分の1である、道路交通への影響を抑えられるといったメリットが存在。「貨物駅付近での工事」という“地の利”を生かし、環境負荷を低減した形です。

関連記事(外部サイト)