特急「ライラック旭山動物園号」7月1日運行開始 従来車両は廃車を予定

特急「ライラック旭山動物園号」7月1日運行開始 従来車両は廃車を予定

1号車に設けられる記念撮影用シートのイメージ。ぬいぐるみは2種類ずつ日替わりで置かれる(画像:JR北海道)。

2017年7月〜8月の土休日、札幌〜旭川間を結ぶ特急「ライラック」の一部列車が、「ライラック旭山動物園号」として運転されます。

土休日に特急「ライラック」と同時刻で運転

 JR北海道は2017年7月1日(土)から、札幌〜旭川間で特急「ライラック旭山動物園号」を土休日に1日1往復運転します。概要は次のとおり。

●運転日
 7月〜8月の土休日、計20日
●運転時刻
・下り:札幌8時30分発→旭川9時55分着
・上り:旭川17時30分発→札幌18時55分着

 使用車両は特急「ライラック」用の789系0番台電車です。運転時刻や停車駅は、下りが特急「ライラック5号」と、上りが特急「ライラック38号」と同じで、特急「ライラック旭山動物園号」の運転時は、この2本の列車が運休します。

「ライラック旭山動物園号」は6両編成で、1〜3号車は指定席、4〜6号車は自由席です。1号車のグリーン席は販売されず、代わりに旭山動物園の動物をデザインした記念撮影用シートが設置されます。

 ここで、岩見沢〜深川間ではホッキョクグマまたはレッサーパンダの着ぐるみを着たスタッフと記念撮影ができるほか、深川〜旭川間では指定席利用者を対象に、下りと上りでデザインが異なる乗車証明書が配布されます。

関連記事(外部サイト)