「CA人形」200体限定5万円で発売 本物の初代制服を再利用 スターフライヤー

「CA人形」200体限定5万円で発売 本物の初代制服を再利用 スターフライヤー

「スターフライヤーキャビンアテンダント人形」のイメージ。髪型はこの道50年の植毛職人が仕上げたというシニヨンスタイル(画像:スターフライヤー)。

スターフライヤーがCA人形を200体限定で発売。制服の生地は、CAが2016年3月まで実際に着用していたものが使われています。

2017年6月〜7月の搭乗者限定

 スターフライヤーは2017年5月29日(月)、初代制服を着た「スターフライヤーキャビンアテンダント人形」を、搭乗者に限定して発売すると発表しました。

 2016年3月、スターフライヤーは就航10周年を機にキャビンアテンダント(CA、客室乗務員)の制服を刷新。一方、10年間をともにした初代制服については「何か形として残したい」と考え、ソフビ人形やフィギュア、キーホルダーなどを製造しているオビツ製作所の人形に着せることにしたといいます。

 人形は日本製。背はおよそ27cmで、主素材はソフトビニールです。ジャケット、パンツ、ブラウス、スカーフは、CAが実際に着ていた初代制服(クリーニング済)の生地を使用。そのため一部にテカリやヨリがあるそうです。

 本物の初代制服と同様、肩とひざの部分にはスターフライヤーのロゴ刺繍が施されています。CAらしく、ストッキングもはいています。

 価格は5万円(税込)。販売対象は、6月1日(木)から7月31日(月)までの期間に、スターフライヤー便(ANAとの共同運航便含む)に搭乗した人です。限定200体のため、申し込み多数の場合は、抽選になります。複数口の応募が可能ですが、1便につき1人1口までです。

 受付はウェブサイトまたは郵便で実施(機内販売なし)。申し込み締切は8月6日(日)です。

【写真】ひざも動かせるためさまざまなポーズも

関連記事(外部サイト)