LINEで「路線」と送ると運行情報を返信 JR東日本が情報提供で実証実験

LINEで「路線」と送ると運行情報を返信 JR東日本が情報提供で実証実験

「JR東日本Chat Bot」による路線運行情報の提供イメージ(画像:JR東日本)。

JR東日本が2017年5月31日〜9月30日の期間、「LINE」を活用した情報提供の実証実験を行います。

コインロッカーの空き状況にも対応

 JR東日本は2017年5月30日(火)、「LINE」を通じて路線の運行情報やコインロッカーの空き状況を確認できる実証実験を31日(水)から行うと発表しました。

 企業とLINEユーザーの双方向コミュニケーションを可能にする法人向けサービス「LINEビジネスコネクト」を活用。実証実験では、「JR東日本Chat Bot」のLINEアカウントが試験的に公開されます。このアカウントを、検索やスマートフォン向けの「JR東日本アプリ」などを通じて選び「友だち追加」することで、情報提供を受けられるようになります。

 たとえば路線の運行情報を知りたい場合、「路線」や「My路線」というメッセージを送ると、「山手線 平常運転しております。」といった、登録した路線(My路線)の運行情報が返信されます。

「コインロッカー」と送ると、東京、池袋、新宿、上野、品川、仙台の6駅に設置された「Suicaコインロッカー」のリアルタイムな空き状況が確認できます。

 グループトーク内で利用することで、複数人での情報共有も可能です。利用料は無料(通信料は各自別途負担)。実験期間は9月30日(土)までの予定です。

 JR東日本は、利用者へのアンケートや利用状況の調査を通じてサービス内容を評価し、今後の実用化を目指すとしています。

関連記事(外部サイト)