第6回「軍事知識検定」7月実施 検定料値下げ 目指せ「軍司令官」

第6回「軍事知識検定」7月実施 検定料値下げ 目指せ「軍司令官」

「軍事知識検定」において、装備品の名前などは基礎知識レベル。写真はイメージ(画像:陸上自衛隊)。

第6回軍事知識検定が、2017年7月21日、22日に実施されます。今回から各ステージの検定料が値下げされました。

受験者限定の企画も検討

 第6回軍事知識検定が、2017年7月21日(金)と22日(土)に行われます。

 防衛省の関連団体である防衛基盤整備協会が主催する軍事知識検定は、兵器や軍隊など、軍事についての知識レベルを測る検定です。年に2、3回、インターネットを通じて実施されています。

 この検定は、国籍、年齢、経歴など問わず、誰でも挑戦が可能。試験区分(ステージ)は陸軍・海軍・空軍それぞれの分野ごとに9段階が設けられ、初回受験時はステージ1の「下士官学校修了試験」に挑戦します。得点率により曹長や士官候補生に「任命」され、その後の検定で、より上位の階級を目指します。

 最後、大将の階級でステージ9の「軍司令官選考試験」を受け、得点率90%以上の成績を収めると、「軍司令官」に「任命」されます。

関連記事(外部サイト)