昭和時代のカラーが「復活」 上高地線でラッピング電車、3日から運行

昭和時代のカラーが「復活」 上高地線でラッピング電車、3日から運行

モハ10形リバイバルラッピングのイメージ(画像:アルピコ交通)。

アルピコ交通上高地線で2017年6月3日から、モハ10形電車の塗装を模したラッピング電車の運行が始まります。

記念乗車券も発売

 アルピコ交通(長野県松本市)は2017年6月3日(土)から、松本〜新島々間14.4kmを結ぶ上高地線で、モハ10形電車の塗装をイメージした3000形のラッピング電車1編成の運行を開始します。

 モハ10形は1958(昭和33)年から1986(昭和61)までのおよそ28年間、上高地線で使用された車両です。車体はオレンジとグレーで塗装されていました。

 今回、7月から開催される観光キャンペーン「信州デスティネーションキャンペーン」を盛り上げるとともに、上高地線沿線地域の活性化を目的として、「懐かしの塗装」をイメージしたラッピング電車が登場します。

 運行初日の3日(土)午前10時30分からは、上高地線の終点、新島々駅(長野県松本市)で出発式を開催。その後、新島々10時53分発の列車から営業運転に入ります。

 なお、3日(土)午前10時から新島々、波田、新村の各駅窓口で、「モハ10形塗装復活記念乗車券」が発売されます。硬券(硬い厚紙でできたきっぷ)による「松本から新村ゆき」と「新村から新島々ゆき」の乗車券1枚ずつと台紙がセットで、価格は800円(税込)。計950セットの販売です。

【画像】硬券2枚と台紙の「モハ10形塗装復活記念乗車券」

関連記事(外部サイト)