首都高「小菅」出口、6月23日に復活 堀切〜小菅間4車線化は2017年度完成へ

首都高「小菅」出口、6月23日に復活 堀切〜小菅間4車線化は2017年度完成へ

改良工事中の堀切JCT〜小菅JCT間と小菅出口の位置(画像:首都高速)。

首都高C2中央環状線内回り・小菅出口の通行止めが、2017年6月23日に解除されます。

小菅JCT寄りに約90m移設

 首都高速は2017年6月2日(金)、C2中央環状線内回りの小菅出口について、23日(金)午前5時に通行止めを解除すると発表しました。

 この出口は、堀切JCT〜小菅JCT間の4車線化工事にともない、2015年8月から約2年にわたり通行止めが続いていました。

 C2中央環状線内回りの堀切JCT〜小菅JCT間は、およそ850mという短い区間で、C2中央環状線の2車線と6号向島線下りの2車線が合流し、3車線に絞られたあと、小菅出口、6号三郷線下りの2車線、C2中央環状線の2車線に分岐しています。

 1日約8万台が通行するなかで、合流、車線減少、分岐が連続することから渋滞が頻繁に発生。そのため現在、4車線への拡幅工事が進められています。

 小菅出口は、小菅JCT寄りに約90m移設されたうえで通行止めが解除されます。分岐位置が堀切JCTから離れるため、車線変更できる距離がのびて、6号向島線からも利用しやすくなります。

 なお、堀切JCT〜小菅JCT間の外回りはすでに2001(平成13)年に4車線化済み。工事中の内回りは、2017年度に完成する予定です。

【画像】改良工事完成までのステップ

関連記事(外部サイト)