20トンの車体がつり上がる! 東京メトロ、近隣住民限定で「深川車両基地」10年ぶり公開(写真35枚)

20トンの車体がつり上がる! 東京メトロ、近隣住民限定で「深川車両基地」10年ぶり公開(写真35枚)

車両工場のクレーンでつり上げられた東西線15000系電車の車体(2017年6月4日、中島洋平撮影)。

東京メトロが、東西線の車両基地である深川車両基地を10年ぶりに公開。近隣の住民300人が車両保守の現場を見学しました。同社初という「近隣住民限定」での車両基地見学会、背景にはある思いと、基地公開についての課題がありました。

東京メトロ初の「近隣住民限定」車両基地見学会

 東京メトロが2017年6月4日(日)、東西線の車両基地である深川車両基地(東京都江東区)の一般向け見学会を行いました。

 同社では年に数回、千代田線の綾瀬車両基地(東京都足立区)などを一般に開放するイベントを行っていますが、今回の見学会は、車両基地周辺の住民のみを対象としたもの。近隣の町会と小学校2校から参加者を募集し、およそ600人の応募者から抽選で選ばれた300人が参加しました。

「綾瀬車両基地などで行うイベントは、ファンの皆さまに向けたお祭り的なものですが、今回の見学会は、ふだんお世話になっている近隣の皆さまに『あの大きな敷地や建物で何が行われているのか』を知っていただき、親しみを持っていただきたい思いで実施しました」(東京メトロ広報部)

 こうした、近隣住民のみを対象とした車両基地の見学会は、東京メトロでは初めての試み。そして深川車両基地の公開は、2007(平成19)年に東西線5000系電車の引退記念イベントが開かれて以来、10年ぶりだといいます。

「車体洗浄機」に子どもたち大興奮

 深川車両基地はおもに、日常的な点検を行う「整備場エリア」、電車を留め置く「留置線エリア」、そして自動車でいう車検にあたる大がかりな検査を行う「工場エリア」の3エリアに分かれています。

 整備場の建屋(ピット)は、2017年5月に新設されたばかりで、作業効率アップのため東京メトロ初の冷暖房付きピットになっています。ここでは、毎日の出庫前に行う「出庫点検」や、10日以内にいちどの「列車検査」、3か月以内にいちどの「月検査」が行われています。

 電車に乗り込んで、自動車の自動洗車機にあたる、車体洗浄機を通過する体験も。「ゴオー」と高圧の水が噴き出すブラシを通過する際には歓声が上がりました。編成の端まで洗浄機を通過すると、こんどは反対方向に進み、もういちど洗浄機を通過。子どもたちは一斉に運転台の後ろに集まり、その様子を楽しんでいました。

関連記事(外部サイト)