相鉄、都心直通用の新型車両を12月導入 鏡やブラインド復活、座面の高い優先席も(画像10枚)

相鉄、都心直通用の新型車両を12月導入 鏡やブラインド復活、座面の高い優先席も(画像10枚)

「ヨコハマネイビーブルー」をまとった新型20000系電車のイメージ(画像:相模鉄道)。

相模鉄道が2017年12月に、新型の20000系電車1編成を導入。2022年度下期開業予定の「相鉄・東急直通線」に使用される車両です。

ドア開閉ボタン、空気清浄機、Wi-Fi導入

 相模鉄道(相鉄)は2017年6月5日(月)、新型の20000系電車を12月に導入すると発表しました。

 相鉄グループ創立100周年の2017年に、11000系電車以来9年ぶりの新型車両が導入されます。20000系は、2022年度下期に開業が計画されている「相鉄・東急直通線」用の車両としても位置付けられており、7000系電車の置き換えとして、まずは2017年12月に1編成(10両)が導入され、以降も順次増備されます。

 製造は日立製作所、デザイン設計はPRODUCT DESIGN CENTERが担当。車両の開発コンセプトは「安全×安心×エレガント〜目先のトレンドに左右されない『醸成するデザイン』〜」です。

 外観は9000系リニューアル車両と同様、濃紺色の「ヨコハマネイビーブルー」で塗装されます。

関連記事(外部サイト)