「三連休東日本・函館パス」2017年度も発売 特急券追加で新幹線もOK

「三連休東日本・函館パス」2017年度も発売 特急券追加で新幹線もOK

特急券などを別に購入すると東北・北海道新幹線なども利用できる(2016年10月、恵 知仁撮影)。

「三連休東日本・函館パス」が2017年度も発売。JR東日本全線やJR北海道函館エリアなどの普通列車が、連休の3日間利用できます。

JR以外の鉄道7社も利用可能

 JR東日本とJR北海道は2017年6月8日(木)、企画乗車券「三連休東日本・函館パス」を今年度も発売すると発表しました。

 JR東日本全線とJR北海道の函館エリア、さらに鉄道7社の普通列車(快速含む)普通車自由席が、連休の3日間、利用できます。対象の会社や区間は次のとおりです。特急券などを別に購入すると、エリア内の新幹線や特急列車も利用できます。

・JR北海道:北海道新幹線・新青森〜新函館北斗間、函館本線・函館〜森間(渡島砂原経由を含む)
・JR東日本:全線(BRTを含む)
・道南いさりび鉄道:全線
・青い森鉄道:全線
・IGRいわて銀河鉄道:全線
・三陸鉄道:全線
・北越急行:全線
・伊豆急行:全線
・えちごトキめき鉄道:妙高はねうまライン・直江津〜新井間

 価格は変わらず大人1万4050円、子供4300円です。利用できる期間は7月15日(土)〜17日(月・祝)、9月16日(土)〜18日(月・祝)、10月7日(土)〜9日(月・祝)、11月3日(金・祝)〜5日(日)、2018年2月10日(土)〜12日(月・休)。利用開始日の1か月前から前日まで、JR東日本やJR北海道の駅にある「みどりの窓口」や指定席券売機などで発売されます。

【路線図】「三連休東日本・函館パス」のフリーエリア

関連記事(外部サイト)