SL全盛期の客車復刻 「SLやまぐち号」新編成、9月2日デビュー

SL全盛期の客車復刻 「SLやまぐち号」新編成、9月2日デビュー

2017年9月から運行が始まる「SLやまぐち号」用の新しい客車(2017年6月、恵 知仁撮影)。

JR西日本が臨時快速「SLやまぐち号」の、2017年9月から12月までの運転日を発表。新しい客車による運行は、9月2日から始まります。

旧型客車を復刻

 JR西日本は2017年6月9日(金)、山口線を走る臨時快速「SLやまぐち号」の、今年9月から12月までの運転計画を発表しました。

 9月2日(土)から12月24日(日)までの土休日(11月23日を除く)、新山口〜津和野間62.9kmで運転されます。運転時刻は現在と同様、次のとおりです。

・下り
 新山口10時50分発→津和野12時59分着
・上り
 津和野15時45分発→新山口17時30分着

 下り列車は地福駅で14分間停車(12時17分着、12時31分発)します。また、9月2日(土)に限り、下り列車に運転時刻の変更が生じます。

「SLやまぐち号」は、9月から開催される観光キャンペーン「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」にあわせ、新しい客車5両が導入されます。「SL全盛期の客車を復刻した新しいレトロ客車」(JR西日本)といい、昭和初期に製造された旧型客車の形式としながらも、バリアフリー対応の多機能トイレや電源コンセントなど、最新の設備もあわせ持っています。

 列車は全車指定席です。乗車には乗車券のほか、指定席券やグリーン券が必要。きっぷは乗車日の1か月前午前10時から、駅にある「みどりの窓口」などで発売されます。

【写真】ボックスシートが並ぶ2号車車内

関連記事(外部サイト)