特徴のなさこそ傑作の証 千葉に舞った名機DC-3、82年目の「デファクトスタンダード」

特徴のなさこそ傑作の証 千葉に舞った名機DC-3、82年目の「デファクトスタンダード」

ブライトリング社(スイス)がスポンサードするDC-3。「レッドブルエアレース」における飛行展示直後に日本をはなれ太平洋横断を成功させた(関 賢太郎撮影)。

DC-3の姿は、現代の旅客機のなかにあっても平凡なものです。その特徴のなさはすなわち、いまの航空機のスタンダードを確立したことを意味します。なぜDC-3がその役割を担うことになったのでしょうか。

名機DC-3、千葉の空をフライト

 2017年6月3日(土)、4日(日)に開催された「レッドブル・エアレース千葉2017」では、唯一の日本人パイロットである室屋義秀選手が2年連続で母国優勝という快挙を達成しました。

 また同エアレースのエキシビションにおいて、旧帝国海軍の名機、零戦の一般公開飛行が1995(平成7)年以来(このときは別の機体)、およそ20年ぶりに行われるなど、いろいろと歴史に残る1日となりました。

 歴史に残るという意味では、同エキシビションで披露された往年のレシプロ旅客機DC-3の飛行もまた注目すべきイベントであったと言えます。一見さえないこのDC-3、実は航空史のみならず人類の歴史を大きく変革させてしまった、世界の傑作機5本指に入るとてつもない名機であることをご存じでしょうか。

 第二次世界大戦において連合国軍最高司令官を務めたアイゼンハワー第34代アメリカ大統領は「第二次世界大戦はC-47(DC-3の軍用機型)のおかげで勝った」とさえ称えています。

 特徴がないのが特徴といえなくもない普通のクラシカルな旅客機にしか見えないDC-3ですが、この「特徴がないのが特徴」であることがこの飛行機の凄さなのです。

敵対国でも生産され続ける、航空界の革命児

 DC-3を開発したのはアメリカのダグラス社(現ボーイング)。その初飛行は1935(昭和10)年でした。当時の飛行機は一般の人たちにとってあまり縁のない乗りものであり、まだまだ飛行するということ自体が危険を伴うものでした。すでに貨物・手紙輸送や旅客輸送自体は行われていたものの、「飛行機など命知らずの玩具」という風潮さえ珍しいものではありませんでした。

 そんな82年前の世の中に突如として、21世紀の現代の視点で「特徴がないのが特徴」ともいえるDC-3が登場したのです。実際はダグラス DC-2を原型としてはいたものの、全金属製で単葉翼、引き込み足、居住性がよくたくさんの座席を設けられる太い胴体など、のちの時代に当たり前となる要素をすべて備えたDC-3はまさに革命といってよいものでした。

 座席あたりの運航コストがけた違いに良好なDC-3は、アメリカだけではなく世界中に拡散します。特に軍用輸送機型C-47は1万機を超える大ベストセラーとなり、太平洋戦争中は敵国であった日本でさえ、開戦直前に正式なライセンスを得たうえで零式輸送機として生産を開始し、戦中を通して独自改良を加えられつつ487機あまりが国産されました。やはりのちに冷戦で敵対するソ連においても、Li-2として5000機とも推定されるほど大量生産されます。

現代において「特徴がない」ことが意味することとは

 これよりのちに開発された旅客機はDC-3の特徴をもれなく盛り込むことになり、その結果として、DC-3はよくある平凡なスタイルの旅客機というイメージに落ち着くことになったのです。いわばDC-3が価値観を変えてしまったとも言えます。

 そして第二次世界大戦が終わると、余剰になった数千機のC-47が格安で民間に払い下げられ、世界中で航空路が切り開かれることになります。東側諸国におけるLi-2も同様です。いまの旅客輸送の祖がDC-3であると言っても過言ではありません。

 今回、飛行展示を行ったDC-3は、スイスの腕時計メーカーであるブライトリング社がスポンサードする機体であり、ワールドツアーの一環として日本に滞在中の機体でした。その生産年は1940(昭和15)年であり、比較的古い機体です。

 DC-3全タイプ総生産数1万6000機のうち、現在も飛行可能な機体は150機。一部メディアでは「150機しか残っていない貴重な存在」と紹介されているようですが、零戦さえ姿かたちの存在しなかった82年前に初飛行したこのDC-3が、いまだに150機飛行可能であり、また一部は商業飛行において現役なのですから、むしろ150機も残っていること自体がDC-3の傑作ぶりを証明する驚くべき事実だといえるのではないでしょうか。

関連記事(外部サイト)