大阪〜金沢間のJR高速バス「得割」導入 片道3000円のキャンペーンも

大阪〜金沢間のJR高速バス「得割」導入 片道3000円のキャンペーンも

「北陸道グラン昼特急大阪号」などに使用されているバス車両(画像:西日本JRバス)。

大阪〜金沢間のJR高速バスに、2017年7月8日出発便から割引運賃「得割」が導入されます。

出発時刻まで購入が可能

 西日本JRバスは2017年6月7日(水)、高速バス・大阪〜金沢線の運賃を改定し、あわせて新たな割引運賃「得割」を導入すると発表しました。

 対象は7月8日(土)出発便からです。新導入の「得割」は出発時刻までに購入が可能。昼行便「北陸道グラン昼特急大阪号」3列シートは3300〜5800円、夜行便「北陸ドリーム大阪号」3列シートは3500〜5800円です(いずれも大阪駅〜金沢駅間、大人片道)。価格は日にちや便、予約状況などにより変動します。なお、従来の早期購入割引である「早売21」「早売5」「早売1」と、「WEB限定往復割引」は廃止されます。

 普通運賃も変わります。「北陸道グラン昼特急大阪号」3列シートの場合、現行の4400〜5000円から7月8日(土)以降は3500〜6000円に、「北陸ドリーム大阪号」3列シートの場合、現行4200〜5700円から4000〜6000円にそれぞれ改定されます。おもに平日に値下げされます。

 なお、7月8日(土)から「『北陸道グラン昼特急大阪号』1周年感謝キャンペーン」を開催。8月10日(木)〜20日(日)を除く9月30日(土)までの期間、「北陸道グラン昼特急大阪号」3列シートの大阪・京都〜金沢・富山間が、「感謝割」として3000円になります。販売席数限定です。

 きっぷはウェブサイト「高速バスネット」や電話予約センター、窓口などで発売されます。

【写真】3列完全独立の新型クレイドルシート

関連記事(外部サイト)