「風景に溶け込む」西武新型特急、基本デザイン決定 「今までの特急にはない」座席も

「風景に溶け込む」西武新型特急、基本デザイン決定 「今までの特急にはない」座席も

新型特急用車両のイメージ(画像:西武鉄道)。

西武鉄道が、新型特急用車両の基本デザインを発表しました。外観は「風景に溶け込む」カラーに、車内は黄を基調としたデザインに。2018年度末の運行開始予定です。

2018年度末から運行開始

 西武鉄道は2017年6月13日(火)、新型特急用車両の基本デザインが決定したと発表しました。

 2018年度末の運行開始を目指し、「いままでに見たことのない新しい車両」(西武鉄道)の開発が進められています。車両は56両(8両×7編成)が導入される計画です。

 基本デザイン監修は建築家の妹島和世さんが、座席シートや床面などのテキスタイルはデザイナーの安東陽子さんが、車内の照明デザインは照明家の豊久将三さんがそれぞれ担当します。

 デザインコンセプトは「都市や自然の中でやわらかく風景に溶け込む特急」「みんながくつろげるリビングのような特急」「新しい価値を創造し、ただの移動手段ではなく、目的地となる特急」です。

「今までの特急にはない」ソファーのような座席を採用

 車体前面は、国内初という大きな三次元の曲面ガラスを採用。先頭のやわらかな曲面が編成全体へと自然に連続するよう、緩いカーブのある車体断面とされます。

 外観は、「風景に溶け込む」デザインを実現するため、アルミ素材に塗装が施されます。客室の窓は等間隔で配置されます。

 室内は白い壁とし、間接照明を導入。荷棚には補助灯も付きます。座席は黄を基調とし、「今までの特急にはない身体をやさしくつつみ込むソファーのようなデザイン」(西武鉄道)とされます。

 全車両に「SEIBU FREE Wi-Fi」を導入。全席には電源コンセントが配置されます。5号車にはAED(自動体外式除細動器)が設置されるほか、パウダールームや、共用・男性用とともに、西武鉄道では初の女性専用トイレも設けられます。

 西武鉄道に新型の特急用車両が登場するのは、1993(平成5)年の10000系電車「ニューレッドアロー」以来です。同社は「西武鉄道の未来を担う新たなフラッグシップトレインとして、引き続き開発に取り組んでまいります」としています。

【画像】エントランスやトイレも黄を基調に

関連記事(外部サイト)