「道みんの日・日帰り周遊パス」発売 3000円で普通列車1日乗り放題 JR北海道

「道みんの日・日帰り周遊パス」発売 3000円で普通列車1日乗り放題 JR北海道

特急券などを別途購入すると、JR北海道の特急列車や北海道新幹線も利用可能(2009年10月、恵 知仁撮影)。

JR北海道が、7月17日「北海道みんなの日」に普通列車が乗り放題になる「道みんの日・日帰り周遊パス」を発売します。

別途特急券プラスで北海道新幹線もOK

 JR北海道は2017年6月14日(水)、「北海道みんなの日」に普通列車が乗り放題になる「道みんの日・日帰り周遊パス」を発売する発表しました。

「北海道みんなの日」(愛称「道みんの日」、7月17日)は、「北海道のこれまでの歴史、文化や風土について理解と関心を深め、北海道の価値をあらためて認識し、道民であることを誇りに思う心を育むことにより、道民が一体となってより豊かな北海道を築いていくことを期すとともに、道外において、北海道の価値が広く認識される契機とするため」(北海道)に設けられた日です。今年3月に条例が制定され、7月17日(月・祝)に最初の「道みんの日」を迎えます。

「道みんの日・日帰り周遊パス」は、JR北海道と道南いさりび鉄道の普通列車(快速含む)普通車自由席が、7月17日(月・祝)の1日に限り乗り放題になります。価格は大人3000円、子供1500円です。

 6月17日(土)から7月16日(日)までの期間、JR北海道のおもな駅やJR東日本の新青森駅にある「みどりの窓口」や指定席券売機およびおもな旅行会社で発売されます。7月17日(月・祝)当日の発売はありません。なお、特急券などを別途購入すると、特急列車や北海道新幹線(新青森〜新函館北斗)も利用可能です。

 購入特典として、北海道内の「北海道四季彩館」や「キオスク」で使える「ニセコWater」(500ml×1本)引換券をプレゼント。「北海道博物館」(札幌市厚別区)や「北海道開拓の村」(同)などの施設では、きっぷを提示すると、北海道の名付け親である松浦武四郎作、明治政府初の北海道地図ポストカードもプレゼントされます。

【路線図】「道みんの日・日帰り周遊パス」フリーエリア

関連記事(外部サイト)