他社だけど同じクルマ? コピーとも模倣とも違う「OEM」とは(写真22枚)

他社だけど同じクルマ? コピーとも模倣とも違う「OEM」とは(写真22枚)

上がダイハツ「タント」、下がそのOEMであるスバル「シフォン」(画像:ダイハツ工業、スバル)

自社のクルマを他社に供給し、別のクルマとして販売する「OEM」と呼ばれる手法があります。そもそもどういうものなのでしょうか。

同じクルマでもコピーではない「OEM」

 2016年度に最も売れた軽乗用車は、ホンダの「N-BOX」で約19万台、2位はダイハツ「タント」で約15万台です(全国軽自動車協会連合会調べ)。

 2位の「タント」には、別のメーカーからほぼ同じクルマが販売されています。それは、スバルの「シフォン」。一見してエンブレム以外に違いは見られません。

 この「シフォン」は、「タント」のOEM車です。「OEM」とは「Original Equipment Manufacturing」の略で、発注元企業の名義やブランド名で販売される製品を供給することを指します。つまり「シフォン」は、スバルがダイハツに製造を委託して供給された、「タント」とほぼ同じクルマということになります。

 自動車業界におけるOEMについて、ダイハツに話を聞きました。

――OEM車を供給する、あるいは受けるメリットとはどのようなものでしょうか?

 供給するメリットとしては、自社の生産量を確保し、工場を安定的に稼働できることが挙げられます。また当社もトヨタさんから「プリウスα」「カムリ」のOEMを受けて、それぞれ「メビウス」「アルティス」として販売しています。これには、自社で開発していない車種を補完できるメリットがあります。

――ダイハツではどれくらい他社に向けたOEM車の生産を行っているのでしょうか?

 当社の国内生産台数のうち約26%が、他社に向けたOEM車です。インドネシアの工場でも生産しており、当社の世界生産台数ではOEM車がおよそ3分の1を占めます。

※ ※ ※

「OEM」とは、商品を供給する側は生産力を、受ける側は販売網やブランドなどを提供することで、Win-Winの関係を結ぶことができる手法といえるでしょう。

 ダイハツが生産するクルマの約3分の1を占めるというOEM車ですが、では実際のところ、業界全体でOEMはどの程度広く行われているのでしょうか。

日本の売れ筋軽乗用車、ほぼすべてOEM車アリ

 国内自動車メーカーにおけるOEMについて、たとえば、2016年度の国内軽乗用車販売ランキングベスト15の車種と、そのOEM車は次の通りです。

●2016年度軽乗用車販売ランキングベスト15とそのOEM車(スラッシュ以降がOEM車)
・1位:ホンダ「N-BOX」
・2位:ダイハツ「タント」/スバル「シフォン」
・3位:ダイハツ「ムーヴ」/スバル「ステラ」
・4位:日産「デイズ」(※1)
・5位:スズキ「アルト」/マツダ「キャロル」
・6位:スズキ「スペーシア」/マツダ「フレアワゴン」
・7位:ホンダ「N-WGN」
・8位:スズキ「ハスラー」/マツダ「フレアクロスオーバー」
・9位:スズキ「ワゴンR」/マツダ「フレア」
・10位:ダイハツ「ミラ」/スバル「プレオ」
・11位:ダイハツ「キャスト」/トヨタ「ピクシス ジョイ」
・12位:三菱「eK」/日産「デイズ」
・13位:ダイハツ「ウェイク」/トヨタ「ピクシス メガ」
・14位:トヨタ「ピクシス」(※2)
・15位:スズキ「エブリイワゴン」/マツダ「スクラムワゴン」、日産「NV100クリッパー リオ」、三菱「タウンボックス」

※1 日産「デイズ」は、三菱との合弁会社NMKVが開発し三菱が製造した、三菱「eK」のOEM車。
※2 トヨタ「ピクシス」シリーズは全てダイハツからのOEMで、上述の「ピクシス ジョイ」「ピクシス メガ」がこれにあたる。それらシリーズ合計の販売台数で14位。

※ ※ ※

 このように、軽乗用車販売上位車種にはおおむねこれを原型とするOEM車があり、また、スズキ「エブリイワゴン」のように、複数の会社からOEM車が販売されているケースもあります。加えて2017年6月現在、軽乗用車を販売する国内主要自動車メーカーのうち、トヨタ、スバル、日産、マツダの4社は自社工場でこれを生産していません。

 軽自動車販売業者の団体である全国軽自動車協会連合会(東京都港区)によると、軽自動車におけるOEMの車種自体は増えているといいます。

 その背景には不況やクルマ離れ、軽自動車の売り上げ状況、それらを受けた企業の経営判断など、さまざまな要因が考えられるでしょう。たとえばスバルは、創業の原点ともいえる軽乗用車「スバル360」や、俗に「農道のポルシェ」ともいわれた軽トラックを開発、生産、販売してきた歴史がありますが、他社とのアライアンス(事業提携)や事業再編を経て、現状すべての軽自動車についてOEM車の供給を受けています。他方トヨタや日産は創業以来、軽乗用車の生産を手掛けたことは一切ありませんでしたが、OEM車の供給を受けるカタチで軽自動車市場に参入してきました。

 いつからこうした状況になっているのでしょうか。また今後はどうなっていくのでしょうか。引き続きダイハツに話を聞きました。

――OEMはいつごろから行われるようになったのでしょうか?

 自動車業界におけるOEMそのものは以前から行われていますが、現在当社で主流となっている軽乗用車のOEM供給は、2000年台後半からです。たとえばトヨタさんにおいても、近年の軽自動車の販売好調を受けてこれを扱いたいということで、当社からの供給が始まりました。

軽自動車のOEMは増加傾向、ダイハツは今後をどう見る?

――「本家」のクルマとOEM車とで、異なるポイントはありますか?

 フロントのデザインなどが多少異なるものもありますが、エンブレム以外は基本的に同じで、価格もほとんど差はありません。ただ海外ですと、たとえばトヨタさんは中・高級モデル、当社は入門モデルというブランドイメージを考慮して仕様を変えることで、日本よりも価格差が大きくなる場合があります。

――今後、ダイハツによるOEM車の供給は増えるのでしょうか?

 今後も増え、いま以上に当社のなかで重要な位置を担うと考えています。たとえば当社のコンパクトカー「ブーン」とトヨタ「パッソ」は、トヨタさんが開発し、ダイハツが製造するという体制でしたが、2016年4月発売のモデルからは、当社で開発から生産まで担うようになりました。OEM車の台数が増え、その品質やノウハウを認めてもらったからです。

※ ※ ※

 ダイハツの担当者によると、「今後、自動運転など先進技術の開発をトヨタさんらと共同で行い、それをカスタマイズして当社のクルマに搭載していくことも視野に入れています」とのことです。

関連記事(外部サイト)