金沢〜仙台間にJR高速バス「百万石ドリーム政宗号」登場 9月までキャンペーン価格も

金沢〜仙台間にJR高速バス「百万石ドリーム政宗号」登場 9月までキャンペーン価格も

3列完全独立・新型クレイドルシートのイメージ(画像:西日本JRバス)。

西日本JRバスとJRバス東北が、2017年7月28日から、金沢駅〜仙台駅間で夜行高速バス「百万石ドリーム政宗号」を運行します。

木〜日曜などに運転

 西日本JRバスとJRバス東北は2017年6月14日(水)、石川県の金沢と宮城県の仙台を結ぶ夜行高速バス「百万石ドリーム政宗号」を7月28日(金)から運行すると発表しました(現在認可申請中)。両社間では初の共同運行です。

「百万石ドリーム政宗号」はおもに木〜日曜と祝日、祝前日、繁忙日に運転されます。時刻は次のとおり。

・仙台行き
 金沢駅22時10分発→富山駅23時20分発→仙台駅翌7時20分着
・金沢行き
 仙台駅23時00分発→富山駅翌7時00分着→金沢駅8時10分着

 3列完全独立の新型クレイドルシートやフリーWi-Fiを導入した車両を使用。普通運賃(大人片道)は、金沢駅〜仙台駅間が9500〜9900円、富山駅〜仙台駅間が9000〜9400円です。早期割引の「早売5」や「早売1」も設定されます。

 また、路線開設記念として、7月28日(金)から9月30日(土)までの出発便を対象に、金沢駅・富山駅〜仙台駅間が7000円(大人のみ。子供の設定なし)のキャンペーン価格も設定されます。

 きっぷは乗車日の1か月1日前午前10時から、ウェブサイト「高速バスネット」や電話予約センター、窓口などで発売です。

【写真】3列完全独立の新型クレイドルシート

関連記事(外部サイト)