世界初「LNG燃料供給船」がベルギーでサービス開始 日本郵船ほか

世界初「LNG燃料供給船」がベルギーでサービス開始 日本郵船ほか

LNG燃料供給船「ENGIE ZEEBRUGGE」(水色の船)が他船にLNGを供給中(画像:日本郵船)。

日本郵船などが設立した合弁会社が所有する世界初のLNG燃料供給船「ENGIE Zeebrugge」が、ベルギーでLNG燃料の供給を開始しました。

今後も北海やバルト海でLNGを供給

 日本郵船は2017年6月14日(水)、世界初のLNG(液化天然ガス)燃料供給船「ENGIE Zeebrugge」がベルギーでサービスを開始し、LNG燃料の供給・販売事業がスタートしたと発表しました。

 この船は日本郵船、ENGIE社(フランス)、三菱商事、FLUXYS社(ベルギー)の4社による合弁会社が所有しています。全長107.6m、幅18.4m、総トン数は7403トン、LNGタンクの容量は5100立方メートルです。

 今年2月に韓国・釜山の韓進重工業影島造船所で竣工。4月にベルギーのゼーブルージュ港へ入港したあとLNGを積み込み、United European Car Carriers社(ノルウェー)が運航する自動車専用船「AUTO ECO」「AUTO ENERGY」に対してLNGを供給しました。

 今後も「ENGIE Zeebrugge」はゼーブルージュ港を拠点とし、北海やバルト海を航行する船舶へLNGを供給する予定です。

 日本郵船は、「国際的な船舶の排出ガス規制強化により環境負荷が少ないLNG燃料を使用する船舶数が増加するなか、各地でLNG燃料供給の拠点整備が進められています。供給地点に柔軟性を持てる『ENGIE Zeebrugge』は、LNG燃料の普及拡大へのステップになると期待されます」としています。

関連記事(外部サイト)