「元祖・東北新幹線」風のレンタカー登場 大宮〜盛岡間開業35周年企画で

「元祖・東北新幹線」風のレンタカー登場 大宮〜盛岡間開業35周年企画で

200系新幹線ラッピングレンタカーのイメージ(画像:JR東日本)。

東北新幹線・大宮〜盛岡間の開業35周年を記念し、当時走っていた200系新幹線をイメージしたラッピングレンタカーが登場します。

利用者にプレゼントも

 JR東日本レンタリースとJR東日本は2017年6月16日(金)、東北新幹線(大宮〜盛岡)開業35周年記念企画の一環として、開業当時に走っていた200系新幹線をイメージしたラッピングレンタカーを導入すると発表しました。

 車両は、駅レンタカー盛岡営業所(盛岡駅前、岩手県盛岡市)に1台が配置されます。期間は6月26日(月)から9月30日(土)までです。

 基本料金は12時間4050円、24時間5260円。車両は乗り捨て不可で禁煙です。利用者にはオリジナルクリアファイルがプレゼントされます。予約受付は19日(月)午前10時から、JR東日本レンタリースのウェブサイトで始まる予定です。

 JR東日本レンタリースとJR東日本は「かつての思い出や新幹線の歴史を感じながら、レンタカーの旅をお楽しみください」としています。

関連記事(外部サイト)