豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」運行開始 その特徴は? 「瑞風」だけの楽しみも JR西日本(写真36枚)

豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」運行開始 その特徴は? 「瑞風」だけの楽しみも JR西日本(写真36枚)

大勢に見送られ、試運転で新山口駅を通過する「トワイライトエクスプレス瑞風」(2017年6月4日、恵 知仁撮影)。

JR西日本の豪華クルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が2017年6月17日、ついにデビュー。どんな特徴を持った列車なのか、その車両や客室、サービス、旅の行程、料金などについて解説します。

寝台特急「トワイライトエクスプレス」の伝統と誇りを受け継ぐ

 2017年6月17日(土)、日本に新たな豪華クルーズトレイン「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」がデビュー。「山陰コース(下り)」で、大阪駅を午前10時過ぎに出発しました。

 JR西日本が送り出すもので、2013年10月15日に登場したJR九州「ななつ星in九州」、2017年5月1日に登場したJR東日本「TRAIN SUITE 四季島(トランスイートしきしま)」に続き、日本で3列車目になる本格的クルーズトレインです。これで、計画されているJR各社の本格的クルーズトレインが出そろいました。

 列車名の「瑞風」は「みずみずしい風」のことで、「吉兆をあらわすめでたい風」という意味を併せ持ち、「瑞穂の国」と呼ばれる美しい日本に、新しい「トワイライトエクスプレス」という“風”が幸せを運んでくる、という情景をイメージしているそうです。

 そして「トワイライトエクスプレス」は、JR西日本が1989(平成元)年7月から2015(平成27)年3月まで大阪〜札幌間で運行した寝台特急「トワイライトエクスプレス」に由来。この寝台特急「トワイライトエクスプレス」の伝統と誇りを受け継ぐ新たな寝台列車として、「瑞風」は登場します。

 またシンボルマークは、「MIZUKAZE」の「M」を山並みに見立て、吹き抜けていく風を「トワイライトエクスプレス」の象徴である「天使」で表現したとのこと。列車のコンセプトは「美しい日本をホテルが走る。〜上質さの中に懐かしさを〜」です。

「瑞風」デザインの特徴は? 往年のボンネット型特急車両の要素も

「瑞風」のインテリアデザイン、車内レイアウトは、ホテルや各種企業の迎賓施設などの設計を数多く手がけ、京都迎賓館の設計にも携わった建築家でインテリアデザイナーの浦 一也さんが担当。外観デザインは、N700系新幹線や寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」に使用される285系電車といった多くの車両に携わっている工業デザイナー、福田哲夫さんによります。

 デザインコンセプトは「ノスタルジック・モダン」。洗練された上質さと心休まる懐かしさを乗客が感じられるものにしたそうです。

 エクステリア(外装)について、車体色は寝台特急「トワイライトエクスプレス」の伝統を受け継ぎつつ、さらに上質さを演出したという「瑞風グリーン」を採用。そこに金色のエンブレムとラインが配されています。

 展望デッキと5本のラインからなる流線形の先頭車は、丸目のヘッドライト、運転室を往年のボンネット型特急車両をほうふつさせる高い位置にするなど、「懐かしさ」を演出したそうです。

 インテリア(内装)は、昭和初期に一世を風靡(ふうび)したアールデコ調をベースに、沿線の調度品を用意。「沿線の魅力」をちりばめた車内から、大きな窓を通し、流れる美しい景色を楽しめるといいます。開閉できる窓や展望デッキから、沿線の風を感じることも可能です。

「瑞風」客室の特徴は? この列車だけの部屋も

「瑞風」は10両編成。16の個室があり、旅客定員は30名(エキストラベッド使用時は34名)になります。

関連記事(外部サイト)