日比谷線直通用の新型70000系、7月7日デビュー 東武

日比谷線直通用の新型70000系、7月7日デビュー 東武

2017年7月7日から営業運転を開始する東武鉄道の新型70000系電車(2017年4月、中島洋平撮影)。

東武鉄道の新型70000系電車が2017年7月7日にデビューします。

2019年度までに22編成を導入

 東武鉄道は2017年6月22日(木)、新型の70000系電車が7月7日(金)にデビューすると発表しました。

 70000系は、今後のホームドア導入を見据え、相互直通運転を行っている東京メトロ日比谷線用の新型13000系電車と共通仕様に。車両機器や車内の主要設備が統一されたほか、これまで混在していた3ドア車と5ドア車(18m×8両編成)が、すべて4ドア車(20m×7両編成)にそろえられています。

 導入路線は東武スカイツリーライン(伊勢崎線)・日光線の北千住〜南栗橋間と東京メトロ日比谷線です。7月7日(金)、北越谷10時04分発の中目黒行き列車から運転されます。

 東武鉄道は今後、2018年3月までに10編成(70両)、2019年度までに計22編成(154両)を順次導入していく計画です。

関連記事(外部サイト)