デザイン一新「アクア」、よりSUVな新グレード「Crossover」登場 トヨタ(画像17枚)

デザイン一新「アクア」、よりSUVな新グレード「Crossover」登場 トヨタ(画像17枚)

トヨタ「アクア Crossover」ベージュのイメージ(画像:トヨタ)。

トヨタが「アクア」をマイナーチェンジして2017年6月19日に発売。新グレード「Crossover」は7月に発売されます。

「Crossover」は7月発売

 トヨタは2017年6月19日(月)、コンパクトハイブリッド乗用車「アクア」をマイナーチェンジして発売しました。

 今回のマイナーチェンジでは、外観のデザインを大幅に変更。トヨタによると、アクアの特徴である「親しみやすさ」「軽快さ」はそのままに、より先進的で洗練されたデザインにしたといいます。

 さらに、従来型の「X-URBAN」を見直し、クロスオーバースタイルをより進化させた新グレード「Crossover」を設定。グリルやルーフモール、16インチ専用アルミホイール、フェンダーアーチモールなどアクティブなイメージを有する専用デザインで、これは7月に発売されます。

 エンジンの改良やハイブリッドシステムの制御を見直し、「L」はJC08モード走行燃費38.0km/Lを達成。「S」「G」「Crossover」も、34.4km/Lを実現しています。

 メーカー希望小売価格は、178万5240円(税込。以下同じ)から。「Crossover」は206万2800円です。

関連記事(外部サイト)