新型「シビック」国内仕様どうなる? 「タイプR」カラーラインアップなど公開 ホンダ(画像12枚)

新型「シビック」国内仕様どうなる? 「タイプR」カラーラインアップなど公開 ホンダ(画像12枚)

新型「シビック タイプR」のイメージ(画像:ホンダ)。

ホンダが、2017年7月に発表を控えた新型「シビック」シリーズの情報をウェブサイトで公開しました。

初代以来約2400万台を販売

 ホンダは2017年6月23日(金)、新型「シビック(CIVIC)」シリーズの3モデル、「シビック ハッチバック」「シビック セダン」「シビック TYPE R」に関する情報を同社ウェブサイトで公開しました。

 3モデルのカラーラインアップや主要装備のほか、全国の展示イベントや試乗イベントなど、国内仕様の新型「シビック」シリーズに関する情報が公開されています。

「シビック」は、1972(昭和47)年の発売以来、世界で累計約2400万台が販売されています。10代目となる新型シリーズについてホンダは、「新開発のプラットフォームを核に、機能美を追求したロー&ワイドな先進フォルムを採用。さらに、力強くスムーズな加速と高い環境性能を両立した直噴VTEC TURBOエンジンを搭載し、あらゆる走行シーンにおいて操る喜びの提供を目指しました」としています。

 新型「シビック」シリーズは、7月下旬に発表される予定です。

関連記事(外部サイト)