コンセプトは「伏見の酒蔵」 近鉄丹波橋駅、6月29日にリニューアル

コンセプトは「伏見の酒蔵」 近鉄丹波橋駅、6月29日にリニューアル

リニューアル後の改札口のイメージ(画像:近鉄)。

近鉄京都線の近鉄丹波橋駅が、2017年6月29日にリニューアルオープン。デザインコンセプトは「伏見の酒蔵」といいます。

「成城石井」が駅ナカにオープン

 近鉄と近鉄リテーリングは2017年6月23日(金)、京都線の近鉄丹波橋駅(京都市伏見区)が29日(木)にリニューアルオープンすると発表しました。

 今回のリニューアルでは、地域が感じられるよう「伏見の酒蔵」をモチーフにデザインが行われました。酒蔵建築特有の木造板張りや白塗りの壁などといった要素が取り入れられ、駅構内が美装化されています。

 また、同じ29日(木)には、スーパーマーケットの「成城石井」が改札外に開店。店内の一部什器は木目調のものが採用され、駅全体のコンセプトが意識されています。

 近鉄と近鉄リテーリングは「このリニューアルを機に、より多くの方に便利に快適に近鉄丹波橋駅をご利用いただくとともに、空間演出をお楽しみいただければ」としています。

関連記事(外部サイト)