駅ナカ施設「中野坂上メトロピア」7月オープン カフェ、ドラッグストアなど4店舗

駅ナカ施設「中野坂上メトロピア」7月オープン カフェ、ドラッグストアなど4店舗

2017年7月6日にオープンする「中野坂上メトロピア」のイメージ(画像:東京メトロ)。

2017年7月6日、東京メトロ丸ノ内線の中野坂上駅構内に「中野坂上メトロピア」がオープンします。

オープン記念キャンペーンも開催

 東京メトロとメトロプロパティーズは2017年6月22日(木)、丸ノ内線・中野坂上駅(東京都中野区)の構内に、「中野坂上メトロピア」として4店舗を開設すると発表しました。

 定期券売り場ときっぷ売り場を一体化したことにより生まれた約245平方メートルのスペースに、「スターバックス」「HOKUO」「おむすび権兵衛」「マツモトキヨシ」が入ります。オープンは各店舗とも7月6日(木)です。

 7月11日(火)までの期間は、配布されるチラシを提示すると各店舗で特典を受けられるオープン記念キャンペーン「ピアフェス」も開催されます。

 中野坂上駅は1961(昭和36)年、荻窪線(現・丸ノ内線)の駅として開業。現在は丸ノ内線(本線、方南町支線)と都営大江戸線が乗り入れています。丸ノ内線の1日あたりの平均乗降人員は7万2789人(2015年度)です。

【図】「中野坂上メトロピア」4店舗の並びは

関連記事(外部サイト)