小田急ロマンスカー「走る喫茶室」限定復活 「SE」デビュー60周年で

小田急ロマンスカー「走る喫茶室」限定復活 「SE」デビュー60周年で

1992年3月にさよなら運転を行った3000形「SE」(画像:photolibrary)。

小田急電鉄が、2017年7月6日から、ロマンスカー「SE」(3000形電車)の就役60周年記念キャンペーンを開催します。

車両所見学会が当たる懸賞も

 小田急電鉄は2017年6月26日(月)、特急ロマンスカー「SE」(3000形電車)が今年、就役60周年を迎えることから、記念キャンペーンを展開すると発表しました。

「SE」は1957(昭和32)年に登場。流線形でバーミリオンの色をした車体、車両連結部に台車(車輪のある部分)を配置した連節構造の採用など、それまでの車両とは一線を画す特徴的な車両でした。

 当時の国鉄東海道本線で行われた走行試験では、狭軌(レールの間隔が1435mm未満の線路)での速度世界一である145km/hを記録。この車両の登場がきっかけで「鉄道友の会」ではブルーリボン賞が創設され、1958(昭和33)年に第1回「ブルーリボン賞」が贈られました。なお、「SE」は1992(平成2)年に引退しています。

 今回、7月6日(木)から8月31日(木)までの期間に展開される「ロマンスカー・SE 就役60周年キャンペーン」では、ロマンスカーの車内で、記念パッケージの「お弁当」(800円)や「ロマンスカーオリジナルグラス」(1300円)などが販売されます。

 7月6日(木)と7日(金)には、過去に車内販売を行っていた日東紅茶と森永エンゼルの制服を着たアテンダントによるシートサービス「走る喫茶室」(車内販売)が以下の列車で復活。当時好評だったというプリンとアイスココアも販売されます。

●「走る喫茶室」実施列車
・下り
「スーパーはこね13号」(新宿10時10分発)
「はこね29号」(新宿13時30分発)
・上り
「はこね14号」(箱根湯本11時44分発)
「はこね30号」(箱根湯本15時27分発)

 また、キャンペーン期間中、現役のロマンスカー車両「LSE」「EXE(EXEα含む)」「VSE」「MSE」4車種すべての特急券を集めて応募すると、大野総合車両所見学会の招待券(10組20人)などが抽選で当たる「特急ロマンスカー夢リレー」も実施されます。

【画像】「SE」就役60周年記念ロゴ

関連記事(外部サイト)