東急田園都市線で早朝特急「時差Bizライナー」運転 溝の口〜渋谷間はノンストップ

東急田園都市線で早朝特急「時差Bizライナー」運転 溝の口〜渋谷間はノンストップ

臨時特急「時差Bizライナー」は、中央林間、長津田、あざみ野、溝の口、渋谷と半蔵門線内の各駅に停車する(画像:東急電鉄)。

東急電鉄と東京メトロが、2017年7月11日から21日の平日に、時差通勤の促進を目的とした臨時特急「時差Bizライナー」を運転します。

「東急線アプリ」でのクーポン配信も実施

 東急電鉄と東京メトロは2017年6月27日(火)、田園都市線・半蔵門線で早朝に臨時特急「時差Bizライナー」を運行すると発表しました。

 これは東京都が行う朝の通勤ラッシュ緩和プロジェクト「時差Biz」に連動した取り組みで、東急電鉄によると、オフピーク通勤を推奨し、「朝型勤務の習慣化を通じた生産性向上や、お客さまの朝活の推進」を目的に実施するといいます。

 運行の期間は7月11日(火)から21日(金)までの平日計8日間、区間は中央林間〜押上間です。押上行き1本が運転されます。時刻は次のとおりです。

・中央林間6時04分発→長津田6時14分発→渋谷6時43分着→押上7時15分着

 途中の停車駅は長津田、あざみ野、溝の口と渋谷〜押上間の各駅です。渋谷8時台着の準急と比べ、長津田〜渋谷間で約13分、時間が短縮されます。「時差Bizライナー」の運転にともない、通常の定期列車の一部に発着時刻や待避駅などの変更が生じます。

 なお、7月11日(火)から8月31日(木)までの平日に、スマートフォン向けアプリ「東急線アプリ」の利用者で、午前7時30分までに田園都市線の渋谷駅(上りのみ)で降りたり、通過したりした場合に、ローソンのドリンクメニュー割引や東急ストアの100円割引などの各種クーポンを配信する取り組みも並行して行われます。

 東急電鉄は「グループ一丸となって朝のピーク時間帯に集中する混雑の分散化に取り組み、より魅力ある沿線を目指していきます」としています。

関連記事(外部サイト)