東海道新幹線の「プラスEX」、「エクスプレス予約」に統合へ

東海道新幹線の「プラスEX」、「エクスプレス予約」に統合へ

「プラスEX」の「エクスプレス予約」へのサービス統合前後の比較(画像:JR東海)。

新幹線の会員制ネット予約サービス「プラスEX」が、「エクスプレス予約」に統合されます。

年会費も割引額も「エクスプレス予約」と同じに

 JR東海とJR西日本は2017年6月28日(水)、新幹線の会員制ネット予約サービス「プラスEX」について、サービスを拡充するなどしたうえで9月2日(土)に「エクスプレス予約」へ統合すると発表しました。

 現在、「エクスプレス予約」の会員になるには、クレジットカードである「JR東海エクスプレス・カード」かJR西日本の「J-WESTカード(エクスプレス)」、JR東日本の「VIEWカード」(「ビュー・エクスプレス特約」への申し込みが必要)への入会が必要です。

 サービスの年会費は1080円(税込)ですが、たとえば東京〜新大阪間の「のぞみ」普通車指定席を「EX予約サービス」で片道利用すると、定価より1080円安い1万3370円になります。

「プラスEX」は手持ちのクレジットカードで入会できるサービスです。年会費は540円(税込)ですが、たとえば東京〜新大阪間の「のぞみ」普通車指定席を「ICサービス(プラス)」で片道利用すると、定価より510円安い1万3940円になります(自由席は1万3620円)。

「エクスプレス予約」との差別化として、「プラスEX」は割引額が少なかったり、「モバイルSuica」に非対応だったり、特急券効力のみの商品(e特急券)がなかったり、といった違いがあります。また対応区間も「エクスプレス予約」は東海道・山陽新幹線(東京〜博多)ですが、「プラスEX」は東海道新幹線(東京〜新大阪)のみです。

関連記事(外部サイト)