ボンネット特急や寝台電車の車内を初公開 スタンプラリー企画も 京都鉄博

ボンネット特急や寝台電車の車内を初公開 スタンプラリー企画も 京都鉄博

車内公開されるクハ489形1号車(上)とクハネ581形35号車(画像:京都鉄道博物館)。

京都鉄道博物館が2017年夏のイベントを発表。スタンプを集めてミニ絵本を完成させる企画や、特別な車両公開などが予定されています。

7月はクハ489形1号車、8月はクハネ581形35号車

 京都鉄道博物館(京都市下京区)は2017年6月28日(水)、イベント「夏のワンダートラベラー! 〜絵本の世界を旅しよう〜」を、7月15日(土)から8月31日(木)までの期間に実施すると発表しました。

 館内に散りばめられた物語をたどりながらスタンプを集めると、1冊のミニ絵本が完成する――というイベントです。京都鉄道博物館は「大人から子どもまで、素敵な夏の思い出の1ページを飾ってください」としています。

 また、特別な車両公開も土日を中心に実施されます。7月は、1971(昭和46)年に製造された特急形電車「クハ489形1号車」、8月は、1968(昭和43)年に製造された特急形寝台電車「クハネ581形35号車」です。いずれも一般に向けては初公開といいます。

 このほか、夏季期間中、巨大プラレールジオラマの展示や、鉄道絵本の読み聞かせ会、ファミリーコンサートなどの企画も予定されています。

関連記事(外部サイト)