超高速船ジェットフォイル、25年ぶりの新造決定 川崎重工が1隻受注

超高速船ジェットフォイル、25年ぶりの新造決定 川崎重工が1隻受注

東海汽船のジェットフォイル「セブンアイランド大漁」。イラストレーターの故・柳原良平さんがカラーリングを担当した(画像:東海汽船)。

川崎重工が、東海汽船と鉄道・運輸機構との共同発注により、超高速船ジェットフォイル1隻の造船契約を締結しました。

2020年6月の引き渡し後、東海汽船の航路に投入

 川崎重工は2017年6月30日(金)、東海汽船と鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)との共同発注により、ジェットフォイル1隻の造船契約を締結したと発表しました。

 この船は全長27.4m(水中翼を下げた状態)、型幅8.5m、旅客定員241人。神戸工場(神戸市中央区)で建造され、2020年6月に引き渡された後、東京の竹芝と伊豆諸島間を中心とした航路の旅客輸送に投入される予定です。

 川崎重工は1987(昭和62)年にボーイング社(アメリカ)からジェットフォイルの製造・販売の権利を引き継ぎ、1989(平成元)年から1995(平成7)年までに15隻のジェットフォイルを建造しました。今回のジェットフォイルは、川崎重工にとって25年ぶりの新造船となります。

 ジェットフォイルは、「全没翼型水中翼旅客船」とも呼ばれており、川崎重工は、高速性能と船酔いのない快適な乗り心地を高いレベルで兼ね備えた超高速旅客船としています。

 2基のガスタービンエンジンで駆動するウォータージェット推進機から毎秒3トンの海水を噴射して前進。前後2枚の水中翼に発生する揚力で海面から浮上することで、時速43ノット(約80km/h)の超高速で航走します。

 また、波高3.5mの荒波でも安定航走でき、さらに航空機と同じように船体を内側に傾斜させることでスムーズな旋回が可能です。

 川崎重工は「今後とも、国内の離島航路をはじめとする高速海上交通の維持・発展のため、ジェットフォイルの建造に積極的に取り組んでいきます」としています。

関連記事(外部サイト)