次世代新幹線実現に向けた試験車両E956形「ALFA-X」新造 営業最高360km/hの可能性を検証へ JR東日本

次世代新幹線実現に向けた試験車両E956形「ALFA-X」新造 営業最高360km/hの可能性を検証へ JR東日本

新しい試験車両「ALFA-X」のイメージ。上がAタイプ、下がBタイプ(画像:JR東日本)。

JR東日本が「次世代新幹線の実現に向けた開発」を進めるための試験プラットフォームとして、新幹線の試験車両を新造します。落成は2019年春の予定です。

2019年春に落成予定

 JR東日本は2017年7月4日(火)、「次世代新幹線の実現に向けた開発」を進めるための試験プラットフォームとして、新幹線の試験車両を新造すると発表しました。

 形式はE956形で、電車10両編成です。愛称は、「Advanced Labs for Frontline Activity in rail eXperimentation」(最先端の実験を行うための先進的な試験室(車))を略した「ALFA-X」(アルファエックス)。2019年春に落成予定です。

 JR東日本は「ALFA-X」について、従来の安全・高速な移動手段の提供に加え、以下のコンセプトをもとに開発を進めていくといいます。

・さらなる安全性・安定性の追求
・快適性の追求
・環境性能の追求
・メンテナンスの革新

 安全性・安定性については、地震時に、より早く止まるため、また脱線しにくくさせるための開発品を搭載。また、雪対策として着雪しにくい車体構造などの試験を実施したり、車両各機器のモニタリングにより車両の状態を自律的に判断したり――といった取り組みが進められます。

「揺れない」「静かな」車内へ 先頭形状も検証

 快適性については、動揺防止制御装置の搭載や、吸音性・遮音性の高い車体構造などの採用により、「揺れない」「静かな」車内空間の実現を目指すといいます。速達性を高めるため、最高速度360km/hの営業運転の可能性が技術的に検証されます。

 環境性能については、車体下部やパンタグラフなどを低騒音化。新たな先頭形状でトンネル突入時の圧力波の抑制も研究されます。その他省エネの促進にも取り組まれます。

 メンテナンス性については、地上設備や車両の各機器をモニタリングする装置を搭載。データを活用して、状態基準保全(CBM)の実現を目指すとしています。

 これまで、JR東日本の新幹線試験車両は、1992(平成4)年から1998(平成10)年まで使用された「STAR21」(952形、953形電車)が試験最高速度425km/hを記録。2005(平成17)年から2009(平成21)年まで使用された「FASTECH360」(E954形、E955形電車)が同じく398km/hを記録しています。

 2019年から使用予定の「ALFA-X」は、400km/h程度の試験最高速度を目指して開発・試験が進められます。

関連記事(外部サイト)