東京都心〜成田空港間のバス「東京シャトル」が利用者累計500万人を達成

2017年7月6日、東京都心と成田空港を結ぶバス「東京シャトル」が利用者累計500万人を達成し、記念式典が開催されました。

運行開始からちょうど5年

 京成バスと成田空港交通、京成バスシステム、リムジン・パッセンジャーサービスは2017年7月6日(木)、4社が共同運行するバス「東京シャトル」の利用者が累計500万人を達成し、成田空港第2ターミナルで記念式典を開催しました。

「東京シャトル」は東京都心(東京駅、銀座駅など)と成田空港を結ぶバスです。LCC就航などの追い風を受け、2012年7月3日に運行を開始。事前予約で片道900円(予約なしで片道1000円)という低価格、日中20分間隔、早朝から深夜までの運行――という使いやすさにより、人気を集めているといいます。

 式典では500万人目の乗客に認定証と記念品を贈呈。また、記念のラッピングデザインを施した車両も披露されました。

【写真】運行事業者らが出席した記念式典

関連記事(外部サイト)