JR上野駅公園口、移設へ 現在より北側の歩行者動線上に

JR上野駅公園口、移設へ 現在より北側の歩行者動線上に

JR上野駅公園口付近の現状と整備イメージ(画像:JR東日本東京支社)。

JR上野駅の公園口が現在より北側に移設されます。

2020年に向け整備

 JR東日本東京支社は2017年7月10日(月)、上野駅の公園口を北寄りに移設すると発表しました。

 公園口は駅の西側にあり、上野恩賜公園へ向かう際の主要ルート上に位置しています。この改札口付近について東京都と台東区は、来園者の安全な歩行者動線の確保を目的として、広場の整備や公園内道路のロータリー化、公園口前の区道の相互通行化を計画。改札口は現在より北側の歩行者動線上に移設される予定です。

 新しい公園口は、2020年7月の使用開始を目標に工事が進められます。

【地図】上野駅の西側に位置する公園口

関連記事(外部サイト)