JR原宿駅でホームドアを一部撤去 竹下口からの地下通路を新設

JR原宿駅でホームドアを一部撤去 竹下口からの地下通路を新設

山手線ホームドアのイメージ(画像:JR東日本東京支社)。

JR原宿駅で、改良工事にともない2017年7月25日からホームドアの一部が撤去されます。

7月25日から山手線外回りで

 JR東日本東京支社は2017年7月10日(月)、山手線の原宿駅(東京都渋谷区)に設置しているホームドアの一部を撤去すると発表しました。

 原宿駅では2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、改良工事が進行中。今回、竹下口からの地下通路新設にともない、山手線外回りの3号車4番ドアと4号車1番〜4番ドア部分が25日(火)初電から撤去されます。

 この箇所のホームドアは、2019年春ごろに再び設置される予定です。それまでの安全対策として、監視カメラの増設や、警備員、列車非常停止警報装置の増備が行われます。

【図】原宿駅の改良計画

関連記事(外部サイト)