臨時特急「時差Bizライナー」、東急田園都市線で運行開始 平日早朝に1本(写真11枚)

臨時特急「時差Bizライナー」、東急田園都市線で運行開始 平日早朝に1本(写真11枚)

あざみ野駅に入線する臨時特急「時差Bizライナー」(画像:東急電鉄)。

東急田園都市線で2017年7月11日、臨時特急「時差Bizライナー」の運行が始まりました。

行先表示器には「ライナー」

 2017年7月11日(火)、東急田園都市線で臨時特急「時差Bizライナー」の運行が始まりました。

 これは東京都が行う朝の通勤ラッシュ緩和プロジェクト「時差Biz」に連動した取り組みで、東急電鉄によると、オフピーク通勤を推奨し、「朝型勤務の習慣化を通じた生産性向上や、お客さまの朝活の推進」を目的に実施するといいます。

 運行区間は中央林間駅(神奈川県大和市)から東京メトロ半蔵門線の押上駅(東京都墨田区)までで、途中停車駅は長津田、あざみ野、溝の口と渋谷〜押上間の各駅です。

「時差Bizライナー」はラッピングが施された東急電鉄の5000系電車を使用。ヘッドマークが掲出され、行先表示器には「ライナー」と表示されます。今後、21日(金)までの平日に、中央林間6時04分発の押上行きが運転される予定です。

関連記事(外部サイト)